<< そらしげ 9/27 | main | そらしげ 10/4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | スポンサードリンク
ドゥニ・ヴィルヌーブ『プリズナーズ』
『プリズナーズ』(原題『PRISONERS』)
監督 ドゥニ・ヴィルヌーブ
主演 ヒュー・ジャックマン、ジェイク・ギレンホール

以前そらしげで紹介していた2014年上半期映画ランキングを参照して映画を見ているのですが、
その栄えある一位に輝いていた本作「プリズナーズ」を鑑賞。

率直な感想としては、映画をさほど見るわけでもない自分にはハードルが高かったなというもの。
ストーリーの完成度は高く、そのストーリーに見合う暗澹として陰鬱な雰囲気は貫徹され、狂気とも言える行為が自然に生まれることをよく表現している。
ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホール、2人の掛け合いも素晴らしく、ハラハラドキドキというよりはじわじわとした焦燥感、不安が段々と煽られる。結末も素晴らしい。堪らない虚無感で、この映画の素晴らしかったところ、というよりも、良い意味で「酷い映画だった」と人と話したいような展開だった。
ただ、150分オーバーはあまりにも長過ぎる。途中休憩を挟みたいくらい……

しかし、素晴らしかったことには素晴らしかった。この虚無感も嫌いではないので、同監督、ドゥニ・ヴィルヌーブの『複製された男』も近日鑑賞予定。
レビュー | comments(0) |
スポンサーサイト
- | - | スポンサードリンク
コメント
コメントする









(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.